SS広場

エスぞうくんが目印! イメージキャラクターのエスゾウくんマークが店頭に貼られているお見せはSS活動に積極的に参加しています。

SS広場

エスゾウくんが目印!

セーフティステーション(SS)活動とは

検索結果一覧

ローソンの対応事例(9月)
高齢者の保護に対する適切な対応 杖を突いたご高齢の女性が風が強く悪天候の日に最寄り駅までの道順を尋ねてきた。対応したオーナーは天候やお身体の様子から女性が一人で最寄り駅まで歩いて行くのは大変だと思い、オーナーの自家用車で最寄り駅まで送り届けた。(神奈川県) 特殊詐欺の被害未然防止対応 ...


ファミリーマートの対応事例(6月)
地域防犯活動・犯罪抑止(捜査協力)への協力 「深夜に20代女性が行方不明になった」と警察から捜査協力の連絡を受けたオーナーが、女性を見かけたことを思い出し、お店の防犯カメラ映像から、女性の立ち寄りを確認、女性の動向とその後の足取りなどについて、すぐに状況を警察へ通報、オーナーも自ら女性を探...


ファミリーマートの対応事例(1月)
高齢者の保護等に対する適切な対応 ご高齢の女性が来店され、道案内を求められた。女性は靴を履いておらず、言動にも不審な点があったため、店長が警察へ連絡。駆け付けた警察官により女性は無事保護された。(富山県) 地域防犯活動への協力 オーナーは東京都の治安対策を深く理解、振り込め詐欺の...


セブン-イレブンの対応事例(9月)
子どもの駆け込みに対する適切な対応 6歳の男の子が泣きながら来店。オーナーが事情を聞くと、近隣の農業高校のイベントに参加していたところ、母親とはぐれてしまったとのこと。オーナーは男の子を事務所で保護し、警察へ通報。母親から捜索願が出されていたため、無事に男の子を母親に引き渡すことができた...


ファミリーマートの対応事例(8月)
高齢者の保護等に対する適切な対応 午前4時頃、怪我をした女性が来店された。女性はサイクリング中に迷い帰宅できなくなっていたようで、従業員は女性を保護し、ご家族に連絡。女性は帰ろうとされたが、迎えを待つように促し、ご家族に無事引き渡すことができた。後日、ご家族より以下の言葉をお客様相談室に...


ローソンの対応事例(7月)
急病人に対する適切な保護・通報 通院後帰宅途中の30代の男性が店舗の前で倒れていたため、従業員は119番へ通報、男性を涼しい場所に移動させ、枕に使えるようなものを渡し、横になって休めるようにした。また、男性が眼鏡を落としていたため、眼鏡を探して渡した。その後、救急車が到着、、無事に男性を引き...


デイリーヤマザキの対応事例(1月)
特殊詐欺の被害未然防止対応 70代男性のお客様がメモを片手に持ちながらウェブマネー3万円分の購入を申し出られたため、不審に感じた店長が「高額のプリペイドカード購入の際は警察に連絡することになっています。」と伝たところ「電話の相手に聞いてみる。」と、その日は購入せず帰られた。翌日、再び来店さ...


セブン-イレブンの対応事例(12月)
特殊詐欺の被害未然防止対応 80代のお客様が高額なPOSAカードの購入を申し出られたため、従業員は詐欺の可能性を疑い、警察へ相談するようお勧めした。その後、警察の捜査で詐欺であることが判明し、被害を未然に防ぐことができた。(埼玉県) 特殊詐欺の被害未然防止対応 70代女性のお客様が電子...


セブン-イレブンの対応事例(9月)
特殊詐欺の被害未然防止対応 60代男性のお客様がPOSAカード15万円分の購入を申し出られたため、不審に感じた従業員がオーナーに報告し、事情を伺うと「身に覚えの無い請求をされた。」とのこと。オーナーは詐欺の可能性を疑い、警察へ相談するようお勧めした。その後、警察の捜査で詐欺であることが判明し、詐...


セブン-イレブンの対応事例(1月)
特殊詐欺の被害未然防止対応 80代の女性のお客様が、5万円分の電子マネーを購入しようとされたたため、店舗オーナーが、「詐欺じゃないですか?」と確認。お客様が「電話の違約金を払わなければならない」と答えられたため、詐欺の可能性を疑い、お客様同意の上で警察に通報した。警察の捜査の結果、詐欺であ...


  1  [ 2 ] [ 3 ] [ 4 ] | [ 最後 ] 次へ >>

このページの先頭に戻る

Copyright 2012 Japan Franchise Association All Rights Reserved.

このページの先頭に戻る