SS広場

エスぞうくんが目印! イメージキャラクターのエスゾウくんマークが店頭に貼られているお見せはSS活動に積極的に参加しています。

SS広場

エスゾウくんが目印!

セーフティステーション(SS)活動とは

セブン-イレブンの対応事例(2月)

2020.03.02

地域防犯活動・犯罪抑止への協力

70代の男性が酒臭をさせながら自動車で来店、酒を買おうとした様子を見ていた従業員は売ることをお断りし、警察へ通報したため、飲酒運転を防止することができた。それ以降も男性は何度も酒類を買うために来店、その度に従業員らが一丸となって警察への通報を徹底し、何度も飲酒運転を防いだ。オーナーが警察へ今後の対応について相談した結果、男性は検挙された。(大阪府)

特殊詐欺の被害未然防止対応

60代の男性がPOSAカード2万円分を買おうとしたため、店長が事情をきくと「フランスと日本の共同宝くじに当選し、3億5千万円の当選金を出金するための準備金として数回に分けて手数料を支払うように指示された。」とのこと。店長は詐欺の可能性が高いと判断、買わないよう話をしながら警察へ通報。警察により詐欺であることがわかり、被害を未然に防ぐことができた。(神奈川県)
お店の方のコメントはこちら

70代の男性が誰かに電話で指示されている様子で、POSAカード30万円分を買おうとした。不審に思った従業員が事情をきくと「身に覚えはないが、何度も支払うよう催促されている。」とのこと。従業員は詐欺の可能性を疑い、ATMで現金を引き出そうとしていた男性に、まずは警察に相談するよう勧めた。その後、警察により詐欺であることがわかり、被害を未然に防ぐことができた。(大阪府)

50代の男性がPOSAカード30万円分を買おうとしたため、従業員が使う目的を尋ねたところ「身に覚えのないインターネットの支払いで…」と口ごもった様子。従業員は別の従業員と連携し、警察へ通報。訪れた警察官により詐欺であることがわかり、被害を未然に防ぐことができた。(長崎県)

60代の男性がPOSAカード30万円分を買おうとしたため、従業員が事情をきいたところ「身に覚えのない有料サイトに登録されているのでお金を払うように言われた。」とのこと。従業員は詐欺の可能性があると判断、まずは警察に相談するよう男性に話をした。その後、警察によって詐欺であることがわかり、被害を未然に防ぐことができた。(熊本県)
お店の方のコメントはこちら



Tweet

このページの先頭に戻る

Copyright 2012 Japan Franchise Association All Rights Reserved.

このページの先頭に戻る