SS広場

エスぞうくんが目印! イメージキャラクターのエスゾウくんマークが店頭に貼られているお見せはSS活動に積極的に参加しています。

SS広場

エスゾウくんが目印!

セーフティステーション(SS)活動とは

6月10日(金)CVSセーフティステーション(SS)活動報告会を鳥取県で開催

2011.06.13

6月10日(金)、「CVSセーフティステーション活動報告会 in TOTTORI」 がとりぎん文化会館(県民文化会館)で開催されました。当日は、鳥取県に出店する加盟店ら147名が参加。
プログラムは、SS活動報告、模擬訓練等の内容で行われました。また、鳥取県、鳥取県警察本部のご来賓より青少年健全育成のための施策や防犯対策についての講評をいただきました。
一方、当活動に対し真摯に取り組み適切な対応をされた鳥取県に出店する9店舗を表彰しました。

(1) 日  時 2011年6月10日(金)14:30~16:00
(2) 場  所 とりぎん文化会館(県民文化会館)
(3) 参  加 3チェーン(104店舗)ファミリーマート、ポプラ、ローソン
(4) 来  賓 鳥取県 企画部青少年課・文教課  課長 今岡 誠一 様
鳥取県警察本部 生活安全部生活安全企画課  課長 竹本 廣幸 様
(5) 来場者数 147名

協会代表挨拶

好事例店舗表彰

SS活動宣言


SS活動表彰店一覧(鳥取県)
No 店名 事例内容
1 ファミリーマート 養和病院前店 平成19年より近隣の特別支援学校2校より社会訓練体験学習の依頼があり、1回あたり1~2名を受け入れ2~3ケ月に1回実施している。13時~17時の間に、店内清掃・商品整理・レジでの袋詰め等を行っている。
2 ファミリーマート 米子福市店 地域の防犯協議会会長を務めており、警察の協力を仰ぎ、自主的に近隣他チェーンも参加の下ストーカーに対する模擬訓練を実施。以前より継続して強盗訓練も実施しており、地域防犯に尽力している。
3 ポプラ 西伯中山店 平成23年1月1日未明、山陰地方を襲った豪雪の影響で店前の国道に3日間多くの車両が立ち往生した。店長が各車両を廻り確認していたところ、気温が低いため具合の悪くなった幼児がおり店内のバックヤードで暖かい飲み物等を提供して保護した。 他にもトイレ・除雪用具の貸し出し等の支援活動を行った。
4 ポプラ はわい中央店 平成16年より近隣の北冥中学校からの要請で年1回、2年生2名の職場体験の受け入れを継続。3日間、9~14時の時間帯にレジ接客、商品陳列、清掃等の実務を通じて働くことの意義、厳しさ、喜び等を体験、理解してもらっている。
5 ポプラ 八頭用瀬店 平成17年より用瀬中学校からの要請で年1回、2年生を2名、5日間、9~16時の時間帯で研修生として接客、清掃、商品陳列等の業務を経験して頂き、働くことの意義、厳しさ、喜びを体験してもらっている。
6 ローソン 倉吉上井店 平成23年2月上旬21時頃、店舗近隣で不良にからまれ、店内のトイレに逃げ込み隠れようとしたお客様に気付き、店長がバックルームに保護。警察へ通報し無事引き継ぐ事ができた。
7 ローソン 気高鹿野町店 平成18年の開店以来近隣中学校の要請を受け、毎年1日、2~3人を9~16時迄の職場体験学習を受け入れている。職場の体験のみならずコンビニの社会貢献や役割、未成年者の飲酒喫煙防止など青少年健全育成に関する教育も併せて行っている。
8 ローソン 鳥取若葉台
入口店
平成23年4月初旬、バスに乗り遅れたために泣きながら店内に入って来た小学生の女児を保護した。住所や自宅近くの目印となる物を特定できる状況であった為、車で店長が自宅まで送りとどけ無事引き継ぐ事が出来た。
9 ローソン 米子上後藤店 平成23年1月20日午前1時頃、店内で泣いている女子中学生がいたため、オーナーが声を掛け保護し、バックルームに通しお茶等を提供して落ち着かせた上で話しを聞いた。両親と喧嘩し家を飛び出してきた事や学校等の話しを聞いたところ、本人も落ち着きを取り戻し自ら自宅へと帰った。


Tweet

このページの先頭に戻る

Copyright 2012 Japan Franchise Association All Rights Reserved.

このページの先頭に戻る