SS広場

エスぞうくんが目印! イメージキャラクターのエスゾウくんマークが店頭に貼られているお見せはSS活動に積極的に参加しています。

SS広場

エスゾウくんが目印!
SS総選挙投票はこちら

セーフティステーション(SS)活動とは

サンクスの対応事例

2012.11.09

地域防犯・防災活動への協力

オーナーは5年前から「池上自主防犯パトロール隊(PSI)」の顧問として活動を行い、池上地域住民の意見を取り入れ、池上警察署と連携を図り防犯活動を実施している。また、より防犯意識向上のために防犯パトロールも実施しており、近隣の不審者を減らすなどの成果にもつなげている。店舗に於いても、お客様への声かけや万引被害が起こりにくい見通しの良いレイアウトにし、万引被害の全件通報等が総合的に評価され、警視庁より「万引防止対策モデル店舗」として認定されている。(東京都)

高齢者の保護等に関する適切な対応

6月22日 22:30頃、認知症と思われる年配者が来店、落ち着かない様子であり、声を掛けると手にしていた携帯電話の電源が切れていた。従業員が電源を入れると、家族から入電があり話を聞くと、この年配者が携帯の電源を切り連絡がとれず、警察に捜索を依頼したとのことであった。家族が到着する間、店長が店頭のベンチで一緒に迎えを待ち、無事家族に引き渡すことができた。(東京都)

子どもの駆け込み等に対する適切な対応

小学生の女の子4名が、『不審者(外国人)に追いかけられているんです。』と、店舗に駆け込んできたので、従業員が店舗事務所にて保護した。店外を確認し、不審者は見当たらなかったが、念のため110番通報し、警察官の到着を待ち、4人の小学生を引き渡した。結果、最近多発している、外国人犯罪の防止に協力していただいたという事で警察から感謝状をいただいた。(東京都)

体験学習の受け入れ

7年前より毎年店舗近くの弦巻中学校から体験学習の受け入れを実施。店内においては袋詰め業務や商品補充、前出しを体験をしてもらっている。節分の際には恵方寿司の店頭販売があったこともあり、店頭で販売員としてお声掛けを実施、お客様と接することを体験できた。客様と触れ合うことで、より良い体験学習が実施でき、参加した中学生も満足していた。(東京都)



Tweet

このページの先頭に戻る

Copyright 2012 Japan Franchise Association All Rights Reserved.

このページの先頭に戻る