SS広場

エスぞうくんが目印! イメージキャラクターのエスゾウくんマークが店頭に貼られているお見せはSS活動に積極的に参加しています。

災害時帰宅困難者に対する支援協定締結

2011.09.26

東日本大震災の際、首都圏で大量の帰宅困難者が発生し、災害時帰宅支援ステーションが大変役に立つなど注目を集めました。
関西では、大規模災害により交通が途絶したときに、通勤・通学者や観光客の帰宅支援を支援するため、コンビニエンスストア・外食事業者等の店舗で水道水、トイレ及び道路情報等を提供する「災害時帰宅支援ステーション事業」を関係自治体と支援協定を結び全国に先駆けて取組んできました。
平成17年2月に各社と関西広域機構との間で締結していた協定について、当該事業を引き継いだ関西広域連合と平成23年9月22日(木)に改めて協定を締結しました。


【関西広域連合(2府6県4政令市) 】
自治体 滋賀県・京都府・大阪府・兵庫県・和歌山県・徳島県・三重県・奈良県  
京都市・大阪市・堺市・神戸市
事業者 CVS(10社)
  国分グローサーズチェーン(株)、 (株)ココストア、
 (株)サークルKサンクス、 (株)セブン-イレブン・ジャパン、
 (株)デイリーヤマザキ、 (株)ファミリーマート、 (株)ポプラ、
 ミニストップ(株)、(株)ローソン、 (株)九九プラス
    
外 食(6社)
 (株)壱番屋、(株)ストロベリーコーンズ、(株)ダスキン、
 (株)チムニー、(株)モスフードサービス、吉野家
締結日 平成17年2月17日(木)、 平成18年4月1日(土)、平成19年8月23日(木)、
平成20年9月1日(月)、 平成23年9月22日(木)


このページの先頭に戻る

Copyright 2012 Japan Franchise Association All Rights Reserved.