SS広場

エスぞうくんが目印! イメージキャラクターのエスゾウくんマークが店頭に貼られているお見せはSS活動に積極的に参加しています。

ローソンの対応事例(10月)

2017.11.01

特殊詐欺の被害未然防止対応

60歳前後の男性のお客様が、アマゾンのバリアブルカードを求めて来店された。不審に思った従業員が、警察から配付されている、特殊詐欺防止のクリアファイルをお客様にお渡しして、詐欺の可能性があることをご説明、警察への相談をお勧めした。その後、お客様が相談した警察署から店舗に連絡があり、詐欺であることが判明、警察より感謝状を授与される予定。(徳島県)

特殊詐欺の被害未然防止対応

お客様から、プリペイドカードの買い方がわからないと尋ねられた従業員が、購入方法をご説明した。その後、お客様が5万円のカードを3枚(合計15万円)購入しようとされたため、従業員が特殊詐欺かも知れないと考え、レジに置いている警察作成の「電子マネーを購入される方へ」をお見せしたところ、お客様は、詐欺には該当しないと答えられた。従業員が更に使用目的を尋ねると、曖昧な返答だったため、店長が警察に連絡、特殊詐欺を未然に防止することができた。(鳥取県)

特殊詐欺の被害未然防止対応

お客様が、ロッピーでウェブマネーを購入する方法について、従業員に尋ねられた。お客様が携帯電話を確認しながら話されていたため、不審に感じた従業員が、警察作成の「電子マネーを購入される方へ」をお客様にお見せして、用途などをお聞きしたところ、「電子マネーを購入し番号をメールで送ると、お金が口座に振り込まれると言われた」とのこと。従業員は、詐欺だと判断してお客様に購入をお止めいただき、警察に連絡。詐欺被害を未然に防止することができた。(鳥取県)

特殊詐欺の被害未然防止対応

30代女性のお客様が、高額なギフトカードを購入されたため、対応した従業員が特殊詐欺の可能性があると判断。警察から渡されているチェックリストを活用して、お客様にお声かけを行ったことにより、詐欺被害を未然に防止することができた。(鳥取県)

犯罪抑止(捜査協力)

来店時に偽札を使用した犯人の顔を従業員が覚えており警戒していたところ、2日後、犯人が再来店し、偽札を使おうとしたため、接客で時間稼ぎする間に、もう1名の従業員が警察に通報。駆けつけた警官により、犯人は逮捕された。(愛知県)

特殊詐欺の被害未然防止対応

高齢の女性のお客様が、高額ギフトカードを購入するため来店。そこで、警察署から配付されている確認シートを使い、お客様へお声かけを実施。対応した従業員が、警察へ相談することをお勧めし、お客様ご自身より警察署に連絡していただいたところ、詐欺であることが判明した。後日、警察署より詐欺被害の未然防止ということで、表彰状を授与された。(岡山県)

特殊詐欺の被害未然防止対応

お客様が、「電子マネーを10万円分を購入したい」と従業員に購入方法を確認された。従業員が「何の電子マネーですか?」とお尋ねすると、「よくわからないが、電話があって早急に用意する必要があると電話口の相手から言われた」とのこと。従業員は不審に思い、特殊詐欺かもしれないので警察に連絡するようご案内したが、お客様が戸惑っておられたため、従業員より警察署に連絡し、事情を説明。警察がすぐ店舗に来店し、お客様より事情を確認。その後、特殊詐欺だと判明した。(石川県)

特殊詐欺の被害未然防止対応

60代男性のお客様が来店され、電子マネー3千円分の購入を申し出られた際、「外国の銀行から金銭支援を受けるため、手数料を払う」と話されていたことから、不審に思った店長が警察署に通報、特殊詐欺の手口であることが分かった。店長は通報までの間、お客様に根気よく話しかけ、再三にわたり説得を続けた。結果、特殊詐欺を未然に防ぐことができ、その功績を讃えられ警察署から感謝状が贈られた。(岡山県)

特殊詐欺の被害未然防止対応

年配の女性のお客様が、ギフトカードコーナーにて商品を選んでおられたので、不審に感じた従業員が、お客様へ声かけを実施。アマゾンカード10万円分を購入希望とのことで、さらに詳しく事情をお聞きすると、「男性から有料サイト(アダルト)の未払いの電話があり、アマゾンカードでの支払い指示をされた」とのこと。そこで、詐欺の可能性があることをお客様へご説明し、警察署に相談するよう提案。その後、警察署から連絡があり、ギフトカード振込め詐欺であったことが判明、詐欺被害を未然に防ぐことができた。(香川県)



このページの先頭に戻る

Copyright 2012 Japan Franchise Association All Rights Reserved.