SS広場

エスぞうくんが目印! イメージキャラクターのエスゾウくんマークが店頭に貼られているお見せはSS活動に積極的に参加しています。

検索結果一覧

セブン-イレブンの対応事例(11月)
特殊詐欺の被害未然防止対応 中年の女性のお客様が、焦った様子で5万円のカードをPOSA複数枚購入しようとされたため、従業員が事情を伺うと、「インターネットの利用料をPOSAカードで支払うようメールで指示された。」とのことであった。不審に思った従業員は精算を中断し、お客様を説得して警察に通報。警察...


セブン-イレブンの対応事例(12月)
高齢者の保護等に対する適切な対応 従業員が高齢のお客様から、「家への帰り方がわからない」と声をかけられた。お名前や連絡先などをお聞きしても埒が明かず、従業員は認知症の疑いがあると判断。身分証明書も持っていらっしゃらなかったため警察に連絡した。警察の到着を待つ間、店舗事務所で保護して身の安...


ローソンの対応事例(10月)
高齢者の保護等に対する適切な対応 認知症で迷子になったご高齢のお客様を保護。当初は、お客様が店長に対し何を言っているかよくわからない状況であったため、警察を呼ぶことも検討したが、よくご家族とご来店される方であったため、店長がご自宅まで付き添い送り届けた。(神奈川県) 振り込め詐欺等...


セブン-イレブンの対応事例(1月)
青少年環境の健全化対応(体験学習受け入れ) オープン以来、毎年、近隣中学校からの体験入店の受け入れを実施しており、今年で5年目になる。地域の中学生を育む一環として、お客様からもご好評をいただいており、継続した地域貢献が出来ていると考えている。体験入店した中学生の中には、高校入学と同時に店...


セブン-イレブンの対応事例(3月)
振り込め詐欺未然防止 70歳代位の女性のお客様がタクシーで来店し、とても慌てた様子でATMの操作を尋ねられた。不審に思った店長が事情を確認すると、『静岡に住む息子が前橋市に来ており、「結婚式や葬式でお金が必要になった。19時頃に取りに行くから準備してほしい」と電話で言われた』とのこと。店長は詐...


スリーエフの対応事例(12月)
女性の駆け込み等に対する適切な対応 二人組の女子中学生が、「乗車中のバスの中で変な男に声をかけられた。」と怯えた表情で店舗に駆け込んできた。話を聞いたオーナーが店の外を確認すると、店舗前に設置されたバス停にて女子中学生と同様に下車したであろう不審な男性が店頭におり、店内の様子をうかがって...


スリーエフの対応事例(10月)
緊急事態(急病人等)に対する適切な保護・通報 朝、9時半頃、店内雑誌売場の前でお腹を押さえてうずくまっている20~30歳くらいの男性を女性従業員が発見。声をかけたが痛みが治まらない様子だったため、119番通報をして事務所で保護した。また、その男性の勤務先に連絡し、勤務先が近隣だったため、すぐに上...


10月17日(金)CVSセーフティステーション(SS) 活動報告会を埼玉県で開催
10月17日(金)「CVSセーフティステーション活動報告会 in SAITAMA」が埼玉県志木市「志木市民会館パルシティ」で開催されました。当日は埼玉県に出店する加盟店ら約500名が参加。JFA井阪副会長の挨拶、SS活動報告、強盗模擬訓練、SS活動に取組んだ24店舗の表彰が行われ、埼玉県、埼玉県警、関東財務局、関東信越国...


7月4日(金)CVSセーフティステーション(SS)活動報告会を京都で開催
7月4日(金)「CVSセーフティステーション活動報告会 in KYOTO」が京都府京都市「京都パルスプラザ 稲盛ホール」で開催されました。当日は京都府に出店する加盟店ら約300名が参加。JFA山本会長の挨拶、SS活動報告、強盗模擬訓練、SS活動に取組んだ22店舗の表彰が行われ、京都府、京都府警のご来賓の方々によるSS活...


ファミリーマートの対応事例(7月)
高齢者の保護等に対する適切な対応 店前に数時間滞在している80歳代の男性を発見したため、不審に思い声を掛けると帰宅したいが自宅が分からないとの事で、店舗において保護した。本人に持ち物を確認してもらうと、普段利用していると思われるケアハウスの連絡先が見つかり、店長が連絡。ケアハウスの方も家族...


  1  [ 2 ] | [ 最後 ] 次へ >>

このページの先頭に戻る

Copyright 2012 Japan Franchise Association All Rights Reserved.