SS広場

エスぞうくんが目印! イメージキャラクターのエスゾウくんマークが店頭に貼られているお見せはSS活動に積極的に参加しています。

検索結果一覧

セブン-イレブンの対応事例(9月)
特殊詐欺の被害未然防止対応 40代前半の女性のお客様が、携帯電話で話しながら、POSAカードを20万円分購入しようとされたため、店長が電話を代わると、有料動画サイトの支払い請求であった。店長は内容から詐欺であると確信し警察に通報、お客様の被害を未然に防ぐことができた。(岐阜県) 特殊詐欺の...


ファミリーマートの対応事例(9月)
緊急事態(事故)に対する適切な対応・通報 店舗近くの国道で、自動車同士の事故が発生。2車両ともに自走できず、片側1車線を塞ぐ状況となり、当事者は事故処理に追われていたため、最寄店舗であるファミリーマートに店舗巡回中の経営指導員と、同店舗従業員が、警察が到着するまでの約1時間交通整理を実施し...


ミニストップの対応事例(8月)
特殊詐欺の被害未然防止対応 70歳くらいの女性のお客様が携帯電話で話しながらミニストップロッピーを操作されていた。操作に慣れていない様子だったので、従業員と店舗マネージャーがお客様に声をおかけしたが、「大丈夫です」との回答。お客様がアマゾンギフト券10万円分の会計をレジにもってこられたので、...


ローソンの対応事例(8月)
特殊詐欺の被害未然防止対応 高齢のお客様がギフトカードを購入するために来店。購入金額が高額だったため従業員が不審に思い、何に使用されるのかをお聞きしたところ、購入したギフトカードデータを携帯電話で相手に知らせると言われたため、「詐欺ではないですか」とお伝えをし、一緒に警察へ連絡した。後日...


セブン-イレブンの対応事例(7月)
特殊詐欺の被害未然防止対応 30代の男性のお客様が、高額のPOSAカードを購入しようとされたため、店舗オーナーが事情を伺うと、「インターネットサイトを閲覧していたら、身に覚えの無い利用料14万8千円分を、コンビニのPOSAカードで支払うようメールで指示された」とのことであった。不審に感じたオーナーは...


ファミリーマートの対応事例(7月)
特殊詐欺の被害未然防止対応 71歳の男性のお客様が、電話をしながらファミポートで、アマゾンカードを32万円分発券された。不審に思った従業員がお客様に声をおかけして、一度電話を切っていただき、詐欺かもしれないので買うのをお止めいただくよう説得したが、お客様が電話の相手を信じきっていたため、店舗...


ローソンの対応事例(7月)
特殊詐欺の被害未然防止対応 お客様が店内の端末(ロッピー)を使用し、プリペイド支払(2万5千円×5枚)を行おうとされたので、不審に思った従業員が店長に相談した。店長がお客様に事情をお聞きすると同時に、従業員が警察へ通報。駆け付けた警察官がお客様に確認したところ、詐欺であることが判明。詐...


長野県においてチェーンの垣根を越えた特殊詐欺防止対策合同防犯訓練を実施
2016年11月に長野県長野市にて開催された、「SS活動の強化に向けた意見交換会」での決議事項に基づき、チェーンの垣根を越えた、振り込め詐欺等の特殊詐欺防止合同防犯訓練を、長野県警察本部のご協力を得て開催しました。 チェーンの垣根を越え、4チェーン20名、警察関係者等を合わせると、合計約30名が訓練に参...


セブン-イレブンの対応事例(6月)
特殊詐欺の被害未然防止対応 60代の女性のお客様が、インターネット支払いで、アマゾンギフト15万円分の支払いを申し出られたため、従業員が事情をお聞きすると、「身に覚えのないショッピングサイトの利用料を請求された」とのことであった。不審に感じた従業員が精算を中断して警察に通報し、お客様の被害を...


ローソンの対応事例(6月)
特殊詐欺の被害未然防止対応 お客様が電話をしながらロッピーを操作し、アマゾンのプリペイドサービス15万円分(2万5千円×6枚)を購入。購入後、駐車場にて電話でプリペイド番号を伝えており、不審に思った店舗オーナーが電話を遮った。番号が伝わったのは2枚。オーナーが警察に通報し、警察が番号の伝...


  1  [ 2 ] [ 3 ] [ 4 ] [ 5 ] [ 6 ] [ 7 ] [ 8 ] [ 9 ] [ 10 ] | [ 最後 ] 次へ >>

このページの先頭に戻る

Copyright 2012 Japan Franchise Association All Rights Reserved.