SS広場

エスぞうくんが目印! イメージキャラクターのエスゾウくんマークが店頭に貼られているお見せはSS活動に積極的に参加しています。

検索結果一覧

デイリーヤマザキの対応事例(7月)
青少年環境の健全化対応(体験学習の受け入れ) 経営者は団地内で地元密着40年商売をしている。地元小学校、中学校を卒業していることもあり、6年前から学校の依頼で体験学習の受け入れを年2回ほど実施。小学生は1日間、中学生は3日間実施。清掃、レジ接客、商品の検品・陳列を従業員とペアになり体験をしても...


ミニストップの対応事例(7月)
青少年環境の健全化対応(体験学習の受け入れ) 9年間年に2回、店舗周辺の中学校(3校)から体験学習の受け入れを実施。レジ業務、清掃業務、ソフトクリームの加工体験を実施してもらっている。これからもこのような取組みで、地域の青少年環境の健全化に取組んでいきたいと思う。また、店舗としては、生徒さ...


ローソンの対応事例(7月)
特殊詐欺の被害未然防止対応 車椅子に乗られたご高齢の女性のお客様から「楽天のギフトーカードを5万円分ほしい。」とのお問い合わせがあり、対応した従業員は不審に思ったが販売什器までご案内した。お客様がお会計に来られた際に、千葉県警から配布された詐欺注意の案内をお見せし、お話を伺ったところ「電...


SS活動好事例表彰 2017年下期(7月~12月)最優秀店舗が決定!
2018年3月1日から1ヶ月間、皆様にご投票いただきました、“SS総選挙”(SS活動好事例表彰 2018年下期最優秀店舗決定投票)の結果が確定しましたので、ご報告いたします。 最優秀店舗 デイリーヤマザキ仙台吉成1丁目店 事例内容 【...


セブン-イレブンの対応事例(1月)
特殊詐欺の被害未然防止対応 80代の女性のお客様が、5万円分の電子マネーを購入しようとされたたため、店舗オーナーが、「詐欺じゃないですか?」と確認。お客様が「電話の違約金を払わなければならない」と答えられたため、詐欺の可能性を疑い、お客様同意の上で警察に通報した。警察の捜査の結果、詐欺であ...


セブン-イレブンの対応事例(12月)
特殊詐欺の被害未然防止対応 60代の男性のお客様が、POSAカードを10万円分購入しようとされたため、従業員が事情を伺うと、「インターネット利用料をPOSAカードで支払うよう指示され、払わないと裁判を起こすと言われた」とのことであった。詐欺を疑った従業員は店長に報告。店長は従業員に対し、レジ精算せず...


セブン-イレブンの対応事例(10月)
地域防犯活動への協力 コンビニエンスストア防犯協力会の会長として4年間従事し、他のコンビニエンスストアとの打ち合わせ、定期的な防犯訓練の実施など、警察署をはじめ各行政との連携を図っている。また、防犯活動に深い理解を示し、犯罪抑止活動に貢献している。(千葉県) 犯罪抑止(捜査協力) ...


セブン-イレブンの対応事例(7月)
特殊詐欺の被害未然防止対応 30代の男性のお客様が、高額のPOSAカードを購入しようとされたため、店舗オーナーが事情を伺うと、「インターネットサイトを閲覧していたら、身に覚えの無い利用料14万8千円分を、コンビニのPOSAカードで支払うようメールで指示された」とのことであった。不審に感じたオーナーは...


デイリーヤマザキの対応事例(7月)
青少年環境の健全化対応(体験学習の受け入れ) 5年前から、近隣の学校からの依頼を受け、小学校2校、中学校1校の生徒の体験学習を年3回、毎年実施している。小学生の体験学習は7~10人を1日間、また、中学生の体験学習は2~3人を4日間受け入れている。(宮城県)


ファミリーマートの対応事例(7月)
特殊詐欺の被害未然防止対応 71歳の男性のお客様が、電話をしながらファミポートで、アマゾンカードを32万円分発券された。不審に思った従業員がお客様に声をおかけして、一度電話を切っていただき、詐欺かもしれないので買うのをお止めいただくよう説得したが、お客様が電話の相手を信じきっていたため、店舗...


  1  [ 2 ] [ 3 ] [ 4 ] [ 5 ] [ 6 ] [ 7 ] [ 8 ] [ 9 ] | [ 最後 ] 次へ >>

このページの先頭に戻る

Copyright 2012 Japan Franchise Association All Rights Reserved.