SS広場

エスぞうくんが目印! イメージキャラクターのエスゾウくんマークが店頭に貼られているお見せはSS活動に積極的に参加しています。

検索結果一覧

ファミリーマートの対応事例(7月)
高齢者の保護等に対する適切な対応 店前に数時間滞在している80歳代の男性を発見したため、不審に思い声を掛けると帰宅したいが自宅が分からないとの事で、店舗において保護した。本人に持ち物を確認してもらうと、普段利用していると思われるケアハウスの連絡先が見つかり、店長が連絡。ケアハウスの方も家族...


ファミリーマートの対応事例(2月)
女性の駆け込み等に対する適切な対応 20歳代の女性が不審者に跡をつけられていると、助けを求め駆け込んできたため、すぐに事務所に保護し、110番通報を実施。店外を確認したが、不審者の確認はできなかった。到着した警察官に引き継ぎ、女性は無事自宅に送り届けられた。(東京都) 振り込め詐欺未然防...


セブン-イレブンの対応事例(11月)
緊急事態(急病人等)に対する適切な保護・通報 常連の80歳代の女性宅に御用聞きに伺ったところ家の中から「昨日の夜に倒れてから、起き上がれない」と返答があった。オーナーは、女性客の親戚宅に連絡を入れた後、救急車を要請した。 後刻、女性客は病院に運ばれ、命に別状はなかった。(静岡県)   ...


スリーエフの対応事例(10月)
体験学習の受け入れ 10年前より毎年、近隣の小学校2年生及び中学生2年生の生徒を対象に体験学習の受け入れをしている。 体験学習ではレジ対応・品出し・掃除などを通じ、仕事の喜び、大変さなどを教え、またオーナーが生徒からのコンビニに関する疑問や質問にも答えている。(神奈川県) 女性の駆け...


セブン-イレブンの対応事例(10月)
振り込め詐欺未然防止 70歳代の女性のお客様が携帯電話で会話しながら来店し、そのままATMを利用。オーナーが不審に思い声をかけると還付金という言葉が出た為、電話を代わり用件を訪ね質問すると電話が切れた。 振り込め詐欺の可能性があることをお客様に伝え警察に通報。振り込め詐欺(還付金詐欺)が判...


セブン-イレブンの対応事例(8月)
高齢者の保護等に関する適切な対応 高齢のお客様(男性80歳代)が、長時間店内を歩き回っていたためオーナーが声をかけたところ、住所を聞いても実在しない住所を答えたり、家族の連絡先も不明であったりしたため、110番通報を実施した。 警察官が駆けつけるまでの間、お茶を出して事務所内で高齢者を保護...


サークルKの対応事例(7月)
緊急事態(急病人等)に対する適切な保護・通報 2012年12月上旬、寒い冬の午後に70歳代の女性のお客様がお店を出ようとした際、急にしゃがみ込まれた。すぐさま、従業員がお客様の元へ駆け寄り状況を確認したところ、ご本人の意識はハッキリしており、腰を痛めたとのことだった。オーナーの息子さんがお客様を...


7月2日(火)CVSセーフティステーション(SS)活動報告会を兵庫で開催
7月2日(火)「CVSセーフティステーション活動報告会 in HYOGO」が神戸市神戸朝日ホールで開催されました。 当日は兵庫県に出店する加盟店ら約400名が参加。JFA山本会長の挨拶、SS活動報告、県警との振り込め詐欺対応の模擬訓練、SS活動に取組んだ25店舗の表彰が行われ、兵庫県、兵庫県警のご来賓の方々によるSS...


ミニストップの対応事例(7月)
女性の駆け込み等に対する適切な対応 20歳代の女性が、泣きながら店内に逃げ込んできた。オーナーが事情を聞いたところ、「近くで車に当て逃げされて、やっと店舗にたどり着いた」と話された。怪我の状態を確認するが、大きな怪我はなく救急車や警察への連絡は必要ないとの申し出であったが念のためオーナーは...


デイリーヤマザキの対応事例(2月)
女性の駆け込み等に対する適切な対応 女子中学生が「人に追われているので助けて下さい」と店舗に逃げ込み、助けを求めてきた。その後、60代の男性が大声を上げながら「今、店に来た女の子をだせ!」と店舗に入ってきた。店長が一旦男性を店外に誘導、話を聞いている隙に従業員が逃げてきた女の子を事務所で無...


このページの先頭に戻る

Copyright 2012 Japan Franchise Association All Rights Reserved.