SS広場

エスぞうくんが目印! イメージキャラクターのエスゾウくんマークが店頭に貼られているお見せはSS活動に積極的に参加しています。

検索結果一覧

セブン-イレブン 小樽桂岡店 【北海道】
オーナー・店長名 山口 倫彦 さん 表彰場所 小樽桂岡店 受賞コメント この度はこのような賞を頂き、誠にありがとうございます。 体験学習の受け入れを通して地域に貢献できた事を光栄に思います。また...


セブン-イレブンの対応事例
体験学習の受入れ 毎年5月頃、近隣にある北海道高等聾(ろう)学校からの体験学習を約10年間に渡って年に2回程度(5日間)受け入れています。内容としては主に清掃、検品、品出し業務が中心ですが、日常の買物をすることに対して抵抗のある生徒さんもおりオーナーさんが日常生活の中でも普通に買物ができるよ...


ファミリーマートの対応事例
地域団体と協力した障害者への自立支援 2年半程前から近所にある障害者専門作業所の従業員が万引きを度々行っていた。障害者ご本人に注意をするとパニック状態に陥り、店内で暴れてしまうことがあり、店長は『障害者地域移行支援センター』の職員と連携をとり、万引きが発生した場合、単純に摘発・叱ること等...


7月度表彰店舗(一般)
セブン-イレブン 名寄中央(なよろちゅうおう)店 【北海道】 セブン-イレブン 広島舟入中町(ひろしまふないりなかまち)店 【広島県】 セブン-イレブン 福山木ノ庄(ふくやまきのしょう)店 【広島県】 セブン-イレブン 松戸河原塚店(まつどかわらづか)店 【千葉県...


セブン-イレブンの対応事例
迷子の保護 5歳前後の男児が、困った様子で一人で入店し、店内をうろうろとしていた為店長が「なにか困ったことでもあったの?」とやさしく声をかけると「おばあちゃんとデパートに買物にきていたが、迷子になってしまったのでよく利用しているセブンイレブンに来てみた」とのことであった。家への帰り方も、...


サンクスの対応事例
迷子の保護 20時頃、自転車に乗った小学生が道に迷い店舗を訪れた。話を聞くと、この小学生の自宅は店舗より15㎞離れたところにあり、このまま夜道を自転車で帰ることは危険であると判断、保護者に連絡のうえ、食べ物と飲み物、カイロを提供し、電車賃を持たせて駅まで送り届けた。(大阪府) 体験学習...


6月29日(金)CVSセーフティステーション(SS)活動報告会を大阪府で開催
6月29日(金)「CVSセーフティステーション活動報告会 in OSAKA」が朝日生命ホールで開催されました。 当日は大阪府に出店する加盟店など403名が参加。JFAの櫻田会長の挨拶、SS活動報告、年齢確認の演習や強盗模擬訓練、SS活動を積極的に取組んだ大阪府内に出店する27店舗の表彰が行われ、大...


2011年SS活動表彰店一覧 (全国) 
No 都道 府県 店名 タイトル 事例内容 1 北海道 セブン-イレブン 札幌北インター店 高齢者の 保護・通報 平成23年6月20日13時頃、60歳代の...


学校・教育関係者様へ
当協会に加盟しているコンビニエンスストアでは、「地域との交流」の一環として、地域の小・中学校などから体験学習の受け入れを行っています。 身近なコンビニエンスストアにて、「挨拶などの社会のルールやマナーの大切さ」「まわりの人と協力して仕事をすることの大切さ」などを学んでいただき、少しでも子...


自治体・地域の皆様へ
当協会に加盟しているコンビニエンスストアでは、地域の皆さん・国・地方自治体のご協力のもと社会的責任の一環として「安全・安心なまちづくりに協力」並びに「青少年環境の健全化への取り組み」を2つの柱とする「セーフティステーション活動」について自主的に取り組んでいます。 「安全・安心なまちづくり...


このページの先頭に戻る

Copyright 2012 Japan Franchise Association All Rights Reserved.