SS広場

エスぞうくんが目印! イメージキャラクターのエスゾウくんマークが店頭に貼られているお見せはSS活動に積極的に参加しています。

検索結果一覧

セブン-イレブンの対応事例(1月)
青少年環境の健全化対応(体験学習受け入れ) オープン以来、毎年、近隣中学校からの体験入店の受け入れを実施しており、今年で5年目になる。地域の中学生を育む一環として、お客様からもご好評をいただいており、継続した地域貢献が出来ていると考えている。体験入店した中学生の中には、高校入学と同時に店...


セブン-イレブン 大洗海岸店 【茨城県】
表彰年月 2016年1月 表彰場所 大洗海岸店 受賞コメント この度は、表彰いただき誠にありがとうございます。 体験学習を通して生徒さんには、挨拶などの社会常識や協力し合って仕事することの大切さを知っ...


セブン-イレブン 川崎宿河原3丁目店 【神奈川県】
表彰年月 2016年1月 表彰場所 川崎宿河原3丁目店 受賞コメント この度は表彰いただきありがとうございます。 当店では開店してから継続して体験学習の受け入れを実施しています。 常日頃から地域の...


デイリーヤマザキの対応事例(10月)
高齢者及び身障者の保護等に対する適切な対応 常連の70歳代の女性のお客様が、その日に限って「家への帰り方が分からない」と言い出したので、帰り道を確認しながら店長が自宅まで送って行った。しかし、自宅には誰もいなかったため、一旦店舗まで戻りバックヤードで休んでいただき、交番へ連絡。その後、駆け...


ファミリーマートの対応事例(10月)
緊急事態(急病人等)に対する適切な保護・通報 店の前を歩いていた親子連れの5歳の息子さんが、転んで血が止まらなくなり、身動きが取れない状態であったところを、店長が発見。応急処置(ティッシュと消毒液と絆創膏)を行い、止血することができたため、母親から感謝の言葉をいただいた。(東京都) ...


ポプラの対応事例(10月)
青少年環境の健全化対応(体験学習受け入れ) 小学校の2年生を対象学年とし、過去10年以上にわたって体験学習を実施。毎年10月に実施しており、本年も受け入れ予定。受け入れ人数は、7~8名、年1回の実施を継続している。主な体験学習の内容としては、①児童からオーナーへの質疑応答、②設備についての説明。特...


店舗・本部の皆様へ
当協会に加盟しているコンビニエンスストアでは、「地域との交流」の一環として、地域の小・中学校などから体験学習の受け入れを行っています。 身近なコンビニエンスストアにて、「挨拶などの社会のルールやマナーの大切さ」「まわりの人と協力して仕事をすることの大切さ」などを学んでいただき、少しでも子...


ココストアの対応事例(10月)
青少年環境の健全化対応(非行防止啓発や体験学習受け入れ等) 近隣の中学校からの依頼により、2009年から継続して毎年秋に体験学習の受け入れを実施している。体験学習は3日間で、CVSの役割、商品の流れ、接客(挨拶)・レジ・売場の手直し(補充)等のカリキュラムを実施している。(埼玉県)


ファミリーマートの対応事例(10月)
青少年環境の健全化対応(非行防止啓発や体験学習受け入れ等) 近隣学校からの依頼により、毎年春の職場体験、秋の体験学習等を実施している。春は小学生を対象に、主に店舗ツアーや質問会を行う職場体験、秋は中学生を対象に、接客(挨拶)・レジ・売場の手直し(補充)等の体験学習(3~4日間)を実施してい...


10月17日(金)CVSセーフティステーション(SS) 活動報告会を埼玉県で開催
10月17日(金)「CVSセーフティステーション活動報告会 in SAITAMA」が埼玉県志木市「志木市民会館パルシティ」で開催されました。当日は埼玉県に出店する加盟店ら約500名が参加。JFA井阪副会長の挨拶、SS活動報告、強盗模擬訓練、SS活動に取組んだ24店舗の表彰が行われ、埼玉県、埼玉県警、関東財務局、関東信越国...


このページの先頭に戻る

Copyright 2012 Japan Franchise Association All Rights Reserved.